Accept Stripe Payments 2.0.48-49

WordPress Plugin

WordPressプラグイン Accept Stripe Payments 2.0.48 および 2.0.49 の更新メモです。

翻訳、通貨追加、その他マイナーチェンジ(改善・修正)を除き、主な変更についてメモします。

地域ごとの税額設定機能追加

地域(州や都道府県)ごとに税額を設定できるようになりました。
「地域」で判断するためダウンロード商材でも住所の収集が必要になります。
「日本を除く」ような除外フィルターができるといいですね。

現時点、Tax Variationを追加後、削除できないので、ソース対応するならこちら。

stripe-payments/admin/assets/js/edit-product.js//229行目 変更前
jQuery(this).closest('tr').fadeOut(300, function () { this.remove });

//229行目 変更後
jQuery(this).closest('tr').fadeOut(300, function () { this.remove() });

商品バリエーション機能にチェックボックスタイプ追加

商品のバリエーション設定にチェックボックスタイプが追加され、複数選択できるようになりました。

バリエーションのサンプル
商品・設定画

自動送信メールへの記載タグ

バリエーション商品のURLを設定している場合、チェックされたバリエーション商品は、{product_details}で全て表示されます。この場合、元となる商品へのリンクが含まれないようですので、要注意。
※元となる商品は、{item_url}を利用できます。

バリエーション商品にチェックがない場合は、元となる商品へのダウンロードリンクが {product_details} に含まれます。

汎用的に対応できるようメール文章に一工夫要りそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です