リファラースパム対策

この頃Google Analyticsで参照元偽造が目につくので、その対策。

Google Analyticsのフィルターで、解析データから除外する

アナリティクス設定で、「新しいフィルター」を作成します。

ga-filter

除外したいurlをフィルターパターン(正規表現可)にセットします。

フィルターパターンbuttons-for-website\.com|www1.social-buttons\.com|semalt\.semalt\.com

入力エリアが狭いので複数に分けてもよいでしょう。お好みで。
ちなみに入力文字数は255文字までのようです。

.htaccessでリファラーからのアクセスを拒否する

.htaccess# Spam bots
SetEnvIfNoCase Referer buttons-for-website.com spambot=yes
SetEnvIfNoCase Referer www1.social-buttons.com spambot=yes
SetEnvIfNoCase Referer semalt.semalt.com spambot=yes
Order Allow,Deny
Allow from All
Deny from env=spambot
# Spam bots
https://w3g.jp/blog/block_referer-spam-bots

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です