コマンドでパーミッションを一括変更!

WordPressの安全性を高めるため、ファイルのパーミッションを変更します。
ファイルあるいはディレクトリ単位だと面倒ですので、まるごと一括変換するためのコマンドのご紹介です。

サーバーにシェルアクセスができる場合、次のコマンドで指定したパス以下を再帰的にパーミッション変更できます。

■ディレクトリ一括変更!

find [パス] -type d -exec chmod 700 {} \;

■ファイル一括変更!

find [パス] -type f -exec chmod 600 {} \;

パーミッションの値は、最低限の設定が望ましいです。必要なものについてのみ権限を与えるようにしましょう。

OSによっても違いますので、Unix系なら

ディレクトリは、「700」からはじめて「705」「711」「715」「751」「755」
ファイルは、「600」からはじめて「604」「644」

のように問題がなくなるまで変更してみてください。

■wp-uploads ディレクトリ → サーバーが書き込めるように
■value-server の場合

  • ディレクトリ:700
  • ファイル:600
  • wp-config.php / .htaccess :400

■X の場合

  • ディレクトリ:701 (uploads以下は705)
  • ファイル:604
  • wp-config.php / .htaccess 等:404

■さくら の場合

  • ディレクトリ:705
  • ファイル:604
  • wp-config.php:400
  • .htaccess:404

■CORESERVER の場合(2021.1追記)

  • ディレクトリ:701 (uploads以下は705)
  • ファイル:604
  • wp-config.php:400
  • .htaccess:404

※.htaccess
SITEGUARDなどセキュリティ系プラグイン利用によって、.htaccessが更新される場合は書き込めるよう604等にすること!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です