GenerateWP:カスタム投稿、カスタムタクソノミーなどの作成コードを生成するサイト

カスタム投稿、カスタムタクソノミーなどのコードを自動生成してくれるジェネレーターサイトのご紹介です。
GenerateWP
GenerateWP

名前を入れたり、セレクトボックスで選んだりするだけで、さくさくをコードがはかれます。
後は、できたコードをテーマとかプラグインなどにコピペするだけです。
面白いところで、wp-config.php や カスタムポストステータスなどの生成もあります。
テキストドメイン名もセットすることができて便利そうですね。

ジェネレーターの種類(asof:2013/8/22)

  • wp-config.php
    wp-config.phpで設定できる項目を選んでいくだけです。
    前回のautosaveとかリビジョン関連の設定もありますよ!
  • Taxonomy
    register_taxonomyするときのコードができます。
    initへのアクションフック付きです。
  • Post Type
    register_post_typeするときのコードができます。
    initへのアクションフック付きです。
  • Post Status
    register_post_statusするときのコードができます。
    initへのアクションフック付きです。
  • Sidebars
    register_sidebarするときにコードができます。
    widgets_initへのアクションフック付きです。
  • Menus
    register_nav_menusするときのコードができます。
    initへのアクションフック付きです。
  • Theme Support
    add_theme_supportするときのコードができます。
    after_setup_themeへのアクションフック付きです。
  • Shortcodes
    ショートコード生成コードができます。もちろん処理部分は自分でcodingしたコードを入れます。
  • Toolbar
    ツールバー(Admin Bar)にadd_menuするコードができます。
    wp_before_admin_bar_renderへのアクションフック付きです。
  • WP_Query
    WP_Queryするときの条件(引数)セットしてqueryした結果を$queryにセットするコードができます。
    Loopを選ぶとLoopコードも生成され、最後にリセットするところまではかれます。
  • WP_User_Query
    WP_Queryと同様に、WP_User_Queryするときのコードができます。
    Loopを選ぶと、foreachのコードができます。
  • WP_Comment_Query
    WP_Comment_Queryのコードができます。
    Loopを選ぶと、foreachのコードができます。
  • User Contact Methods
    ユーザープロフィールに$user_contact_methodを5つまで追加できるコードができます。
    user_contactmethodsへのアクションフィルター付きです。

の13種類あります。いろいろあって楽しめそうです。
そのうちに、使い心地をレポートしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA