プラグイン Push7

プッシュ通知プラグイン Push7のメモ

ダウンロード

プラグイン Push7

PHP Notice が気になる場合

global宣言してね。

push7.php変更前

push7.php 変更前public static function user_agent() {
  return 'WordPress/' . $wp_version . '; ' . get_bloginfo( 'url' ) . '; Push7:' . self::VERSION;
}

変更後

push7.php 変更後public static function user_agent() {
  global $wp_version;
  return 'WordPress/' . $wp_version . '; ' . get_bloginfo( 'url' ) . '; Push7:' . self::VERSION;
}

ついでに、metabox.php は普通にエディタでopenできるようにして欲しいなぁ。。。
怪しいファイルかと思ってしまったよ。

API

プラグインを使わなくても、提供されているAPIが使いやすいかなと。
以下、簡単な例↓

php//準備
$apiurl = "https://api.push7.jp/api/v1/";
$appno = "(プッシュ設定で取得するもの)";
$apikey = "(プッシュ設定で取得するもの)";
$icon_url = "(アイコン用ファイル)";
$data = array(
  'title' => "SAKI Web Design", //通知タイトル
  'body' => "New Post!", //通知テキスト。記事タイトルとか。
  'icon' => $icon_url,//アイコンファイル
  'url' => "https://sakidesign.com/",//リンク先。記事URLとか。
  'apikey' => $apikey
);
$headers =  array(
  'Content-Type' => 'application/json',
);

//プッシュ
$responce = wp_remote_post(
  $apiurl.$appno.'/send',
  array(
    'method' => 'POST',
    'headers' => $headers,
    'body' => json_encode($data),
  )
);

//プッシュ結果
$message = json_decode($responce['body']);
if (is_wp_error($responce)) :
  $msg = 'Push7 POST Error !!! '.$responce->get_error_message();
elseif (isset($message->error)) :
  $msg = 'Push7 : Error !!! '.$message->error;
else :
  $msg = 'Push7 : Success !!!';
endif;
//$msg出力など...

これをフックするとか。

phpadd_action('new_to_publish','saki_push7_publish');
add_action('draft_to_publish','saki_push7_publish');
function saki_push7_publish(){
... 上↑のコード ...
}

プラグインPush7では、

  • 通知設定する「投稿タイプ」や「カテゴリ」を選択できる。
    タクソノミは対応していないっぽい。
  • 投稿編集画面でも個別に「通知する/しない」を選択できるチェックボックスが用意されている。

その他、APIがあるので、独自にプログラムして好きなように使えます。
無料プランだと月5,000通知まで。詳細はPush7
通知解除の仕方によっては通知先数に加算されたままになるので、きちんと解除方法を案内したほうが無難かと。

以上メモでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA