Google Analytics Reporting API V4 を使う①

Google Analytics Reporting API V4 (php) を WordPress で使ってみるシリーズです。

① Google API Console と Google Analytics での作業
② Google API PHPクライアントインストールとデモ
③ WordPressで使えそうなものを作成する

の予定です。

今回は、Google API ConsoleGoogle Analytics で必要な設定をしていきます。

新規プロジェクトで API を有効化

1.Google API Console で、ライブラリから「Google Analytics Reporting API」をクリックします。


一覧にない場合は、「Analytics」で検索するとでてきます。
※2017.3.24に一覧配置が変更されたようです。

・利用規約に同意して進みます。

2.APIを有効化するために、Console上で「プロジェクト」を作成します。

既にプロジェクト選択中の場合は、プロジェクト作成は飛ばして、APIを有効化してください。

・「プロジェクトを作成」

・プロジェクト名を入れて「作成」

・「Google Analytics Reporting API 」を「有効にする」

※先にプロジェクトを作成する場合は、ここから作成できます。

認証情報の作成

APIを有効化すると、認証情報の作成を促されます。
・「認証情報を作成」をクリック

・「サービスアカウント」をクリック(手順をスキップすることになります)

・「サービスアカウント」作成

・「サービスアカウント名」を入力し、「新しい秘密鍵の提供」にチェック、キーのタイプ:JSONを選択して、「作成」します。
アカウントの秘密鍵ファイルがダウンロードされます。
→後で使います。再発行できないため、なくさないように!

以上で、サービスアカウントが作成されました。

Google Analytics にサービス アカウントを追加

先ほど作成したサービスアカウントのメールアドレスを(以下の赤枠の部分)、Google アナリティクスに追加します。

・Google Analytics 管理 → ビュー →ユーザー管理

上記で確認したメールアドレスに、権限「表示と分析」を付与して「追加」します。

Google Analytics の View ID を確認

後に、コーディングで必要になりますので、ビューのIDをチェックしておきます。

※View IDは、Account Explorer から探すことができます。

以上、お疲れさまでした。
次回 Google Analytics Reporting API V4 を使う② は、「Google API PHPクライアントインストールとデモ」の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です