WP RSS Widget のリフレッシュレートを変更する方法

WordPressに組み込まれているRSSウィジェットの更新をもっと速くしたいときの設定方法です。

RSSウィジェットは、RSSフィード(URL)を設定するだけで、自分のサイトだけでなく任意のサイトの記事をお手軽に表示することができますが、たまに期待通りに更新されないことがあります。

でも大丈夫。WordPressでは簡単なカスタマイズで変更する方法が用意されています。

変更方法

functions.php へ以下を追加します。時間(秒)はお好みで。

functions.phpadd_filter( 'wp_feed_cache_transient_lifetime' , 'filter_handler' );
function filter_handler( $seconds ) {
  // 10分に設定(60秒x10分)
  return 600;
}

または、PHP5.3~ならクロージャーで
functions.phpadd_filter( 'wp_feed_cache_transient_lifetime', function($s){return 600;} );

・wp_feed_cache_transient_lifetimeフックは、フィードのリフレッシュレートを処理します。
・リフレッシュレートのデフォルトは、43200秒(=12時間)です。

//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です