WordPress 子テーマを利用するときに気をつけること

あるテーマをカスタマイズするときの手段として、

  1. 直接カスタマイズする
  2. 元のテーマを親として手をつけずに子テーマを設置する

この2点が考えられます。どちらを選択するかはcase by caseとして、2.の子テーマを利用するときに気をつけることをメモしておきます。

■get_template_directory_uri()
親テーマのある場所(URI)を返しますので、子テーマのcodingで使用すると予想外の結果に…
子テーマのある場所を取得したい場合には、

  • get_stylesheet_directory_uri() …URI
  • get_stylesheet_directory() …ディレクトリ

を使用しましょう。

(WordPress3.5.2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です